血糖値とカロリーは関係ありません

血糖値を気にしてカロリー計算をしている人がいますが、それは意味のない事です。
カロリーが低ければ血糖値が上がりにくいのかというと、そうではありません。

カロリーが高い肉を食べるより、カロリーが低いうどんを食べる方が血糖値が上がります。
血糖値を上げるのは、糖質だからです。
GI値を考えて食材を選ぶということが大事になります。

肥満の改善・体重コントロールのための食事療法という意味では、低カロリーのものを選ぶことは効果があります。
しかし血糖値との関係を間違って認識していると、かえって糖尿病を悪化させることにもなりかねません。
くわしくはこちらをご覧ください。

かといって血糖値を少なくする食事をすることに注力しすぎると、栄養バランスが悪くなるうえ、一日の摂取カロリーが足りずエネルギー不足に陥ってしまうことがあります。
そして、糖質が少ないからといって、たんぱく質や脂肪などを過剰に摂りすぎてしまうと今度はコレステロールなどの数値が悪くなってしまいます。

GI値の高い食品でも、GI値が低い食品との取り合わせで、全体のGI値軽減につながる効果がみられます。
食べ過ぎにも注意しながらも、メニューの工夫で血糖値の上昇をコントロールし、食生活を豊かにしていく事が大事です。